フランスより、ミモザ便。

宇部のお花屋さん〔bqdq〕chihoさんを講師にお招きして、ミモザのハーフムーンリースを制作する会が開催されました。

日曜日、ちいさなちいさなお花の会の始まりです。
このお花がとても良い香りをしていて、思わずくんくん。日本のミモザは手に入りづらいとのことで、今回フランスからやってきたミモザさん。
ひよこの色をしたほわほわなミモザはとても可憐で可愛らしかったです。


会の最中、日が差した壁にキツネさんが現れたら、女の子が声をあげて喜んでいました。影で動物をつくり、遊んでいるふたりの姿がなんだかとても愛らしく微笑ましい光景で、カメラのシャッターを急いできっていました。

ご参加されたみなさまも、形を作るのが難しいとおっしゃりながらも、とても素晴らしい出来上がりで素敵な作品ができあがっていましたよ。

お花の会のとき、毎回私はとてもリラックスしています。浄化されているような、不思議な感覚です。

ご参加された皆様、chihoさんありがとうございました。とても楽しい一日でした。

話は変わりますが、最近〔食〕について必要以上に警戒している自分がいました。
この日、悩みをきいてくれたあの子。心が軽くなれたし、救われたし、元気になりました。疲れていただろうに、話を親身に聞いてくれて感謝しかありません。こんな話を真面目にきいてくれるのは彼女だけかなと思います。きっと、違う誰かに話せば笑われて終わるでしょう。会えない今日は、またちょっといろんなことを考えて気分が落ち込んでいますけど。笑

まだリハビリは続きそうですが、とりあえずは考えをリセットできるように。食べれるものから頑張ります。命に感謝する想いを大切にしないとですね。

季節のお野菜 ことり農園

0コメント

  • 1000 / 1000